×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



美白化粧品って?効果はホントにあるの?口コミ&研究情報

美白化粧品と聞くと『肌の色を白くする効果のある化粧品』のように思えますよね?でもそういう美白化粧品や化粧水、美容液などをせっせと使っても「なかなか効果がない・・」と感じている方が、実際には多いようです。実は美白化粧水、美白美容液などの美白化粧品というのは『肌の色を黒くするメラニン色素の生成を抑えるための成分を配合』しているのであって、それを使ったから即っ!肌を白くする効果が出る・・というわけではないのです。もっと分かりやすく言えば美白化粧品は『直接』肌を白くする効果があるのではなく、原因となるメラニン色素の働きを予防することによって『結果的&間接的』に美白につながる効果を発揮する化粧品だということ。日焼けなどですでに出来てしまっている黒い原因=メラニン色素は、美白化粧水、美白美容液などの美白化粧品で即座に消したり無くしたりする効果はありませんので、そこをまず充分理解することが大切です。あ、でもそんなガッカリしないでくださいね。すぐに結果を出してくれる魔法のような働きはありませんが、美白化粧品は、じっくりとこれから先の効果を考えながら使っていくことが大事ですからね。

★> 美白には欠かせない関連商品はこちら

気になる商品情報を検索してみよう!


[ナイスな情報]

美白化粧品の効果を期待するの前に必ずやらなければならないのは<UV対策>。

美白化粧水、美白美容液などの美白化粧品がどういう効果を持つものかは少しお分かりいただけたかと思いますが、美白そのものよりまず気をつけたいのが『UV対策』です。ちょっとご自分の二の腕の内側を見てみてください。顔の黒さやシミで悩んでる方でも、ほとんどの場合『白くてなめらかな美しい肌』をしているはずです。特に高い美白化粧水、美白美容液などの美白化粧品を使ったり念入りにお手入れしてるわけでもないのに、どうして顔よりもきれいなのか?それは、日々紫外線や外部の刺激などから守られているからです。最近はノースリーブの洋服を着る機会も増えましたが、それでも直接日光等にさらされることが少ないのでシミなどもできないのです。だからといって始終目出し帽を被っていたらヘンな人になっちゃいますから、美白化粧水、美白美容液などの美白化粧品を使う以前に顔や首は日焼け止めクリームなどで日々しっかりUV対策をすることが大切。うっかり手抜きをして、その後急いでメラニンを抑える美白化粧品を使ってもほとんど効果はありません。二の腕の内側のように常に紫外線から守る・・ツケを溜めないようにしましょう。

★> UV対策化粧品の関連商品情報はこちら

厚生労働省に認可されている効果的な美白成分は、現在9種類。

美白系化粧品や美白化粧水、美白美容液などの効果を訴求するCMや雑誌広告などで、よく「○○を配合」ってフレーズを見聞きしますよね。これらは厚生労働省が効果のある美白成分として認可したもので、「ビタミンC(ビタミンC誘導体)」「プラセンタエキス」「アルプチン」「ルシノール」「エラグ酸」「カモミラET」「t-AMCHA」「トラネキサム酸」「リノール酸」の9種類があります。なかには化粧品会社が独自に開発したものもあり、今も各社新たな効果的な成分のために研究を続けていますが、現在その効果は大きく3つに分けられます。主にメラニンが過剰にできるのを抑制するのが「アルプチン」「ルシノール」「エラグ酸」など、メラニンの色を薄くする還元作用効果があるのが「ビタミンC」、そしてメラニンの排出を助ける効果があるのが「プラセンタエキス」です。またこの9成分以外にも「フルーツ酸」「乳酸」「グリコール酸」などのAHA(アルファー・ハイドロキシ酸)系や植物エキス系も美白効果が期待できるとして、配合している美白化粧品も多くあります。また「コウジ酸」は一時使用が禁止されましたが、現在は製造販売が再開されています。

★> 美白に効果的なプラセンタエキス関連商品情報はこちら


spacer.gif
Copyright © 2008-2011 美白化粧品 効果 口コミ情報
  • seo